スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

レーシックにも種類がある?:ケラトーム編

レーシックというものが出たときは非常に驚きでしたね。なんてったってここまで下がってしまった視力を20分くらいで1.5くらいに戻してしまうっていうんですからね。ぜったい将来レーシックを受けるぞ!と誓いましたね。


視力というものがなくなり始めたのは中学校のときでしたかね〜。どんどんなくなっていって、もう毎年の視力検査が恐怖でしょうがなかったですよwwwww

というより、視力が下がって怒る「親」の存在が一番怖かったですね。本当に悲しそうな顔でしかも鬼のような形相という奇跡のコラボレーション顔をして怒るんですからたまりません。

「あんたはもう失明するよ」


なんてことを言われて非常に怖かったです。当時はそれが本当のことだと思って部屋に閉じこもってないたりしたこともありましたねwwwww

今も視力0.01以下で元気にやってます。サーセンwwwwwwwww

そのときから「一気に視力回復する方法ないかなあ」と思ってたら出てきたのがレーシックだったんですよね。


んで、そんな昔話はいいとして、 レーシックにも種類があるようです。どのような分類で分けられているかというと、なんと6種類もあるそうです。


今回紹介するのはケラトームと呼ばれるレーシック手術です。

ケラトームとはつまりは普通のレーシック手術の手術と考えてもらえば結構です。レーシックの基本です。

マイクロケラトームという機材を使うことからこの名前がついたようです。

手術内容も前紹介したとおりのもので、麻酔をかけた後に、ケラトームで保護層を剥してフラップを作り、レーザーで角膜の形を作ってからフラップを戻すというものです。

最も昔からあり、施術数も豊富なので方法は確立されていて、比較的成功しやすい手術といわれています。


ケラトームを受けるのが一番オススメでしょう。
| レーシックにも種類がある?:ケラトーム編 | 視力回復手術・レーシックについて |
| comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

レーシックの病院選びのポイント

 レーシックを受けるときは誰でも不安に駆られるといいます。まあ、自分の眼球にレーザーで切り口を入れるんですから、想像しただけでも怖いですよね。

それでも回復したい!めがねやコンタクトの煩わしさから解放されたい!!そう思う方は多いでしょうし、このブログを見ている皆さんも少しながらそう思っているでしょう。

レーシックには多少の副作用や失敗もあると言いますから、病院選びをしっかりしたいところですね。では、どうやって選べばいいんでしょう。その基準を示したいと思います。

まず、

ー蟒冀亮韻豊富な医者か?

ということが挙げられます。唯一無二のあなたの目を加工する手術なので、高度な知識と技術を習得した眼科専門医がいるかどうか、それをネットなり口コミなりで調べてみることが第一ステップと言えるでしょう。


⊆蟒儼亳海豊富か?手術数は?

やはり、なんでも経験が多いところでなお、レーシックを行っているところがいいですよね。単純に考えて、長い間やっているということは患者から信頼があるということ、クレームが来ないということが容易に想像できますよね。そのクリニックが、レーシック手術を、どれくらい行ってきたかを調べること、特に他病院と比較してみるのもよいでしょう。


いくらかかるか?費用はいくら?

ということがやはり皆さんが一番気になるところでしょう。なんとレーシック手術は、クリニックによって料金設定が異るそうです。まずは費用が明確に記されているか確認し、その中で上の二点と重ね合わせながら値段を比較してみるといいでしょう。


以上、三点を少し見るだけでもだいぶ違うでしょう。これで完璧にレーシックで視力を元に戻せたらいいですね。


| レーシックの病院選びのポイント | 視力回復手術・レーシックについて |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/5PAGES | >>